お金を借りる際に会社に連絡はいく?

消費者金融やクレジット会社、そして銀行でローンを組むなどのお金を借りる場合ですが、殆どのケースで勤務先の在籍確認があります。もちろん先ず、最初にお金借りる金融機関の窓口では運転免許証や健康保険証の提示を求められます。この際に健康保険証で勤務先はわかりますが、契約書に記載した会社の電話番号を確認されます。この後で会社に連絡する場合には、大抵のケースでは個人名を金融機関が使うことになります。この際に会社に連絡されると困るという方もいらっしゃいますが金融機関のほうでもプラィバシーを尊重する意味からも個人名を使うことが多いです。
そのような理由からお金を借りる時にはその方の会社に連絡することは在籍確認をとるうえからも金融機関にとっては必要不可欠なこととなります。金融機関からお金を借りる場合に会社に連絡されることに困惑される方にとって在籍確認まではやらない商品もあります。フリーローンでしたらそこまではしない場合もあります。しかし窓口では健康保険証、給与明細、源泉徴収票などの提出や確認を求められます。そして他社からの借り入れ額の申告も要求されます。このことは借り手の収入や負債額を知ることにより返済能力があるかどうかの判断の基準となるからです。かえって会社に連絡されないからといっても、より一段の厳しい審査を行われる時もあります。そのために在籍確認をする消費者金融などのほうが審査の基準が甘い時もあります。